p1の文頭切れの良いところまで

カラコンには度の入った視力矯正用レンズと度の入っていないおしゃれ用レンズの2種類ありますが、視力矯正用レンズが医療機器なのに対しおしゃれ用レンズは雑貨として扱われていました。雑貨は品質について国の基準が決まっていないので比較的値段の安いものが多く、若い人たちが店頭や通販で手軽に購入出来ました。処方箋を提示する必要が無かったこともカラコン復及の後押しをしたのではないでしょうか。カラコンが雑貨として扱われていた頃は度の入っていないおしゃれ用カラコンがほとんどだったので薬事法で医療機器として扱われていなかったようです。

カラコン使用者が増えたことで取り扱い業者も増加しました。若い人たちは店頭で購入するよりネットのほうが安く買えることからネットでの購入が常識になり、その結果激しい価格競争が起こります。他よりも1円でも安くとの考えからどんどん安価のカラコンが販売され、中には品質に問題のあるものもありましたが雑貨である以上これを規制することは出来ませんでした。 しかし、粗悪品を使用したことによる目の病気や障害報告が増えたことで2007年から厚生労働省が調査に乗り出し2009年カラコンを医療機器とすることになりました。これにより、それまで出回っていた粗悪品も回収され被害件数も減少しましたがカラコンを目に装着することに変わりはありませんので医療機器だからと安心せず正しい使用方法を守りましょう。
コンタクト通販のサイト。激安です!
コンタクト通販ガイド〜口コミ、価格、送料無料、すぐ届くのはどこ?